シロテテナガザル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

photo by brianac37

スポンサーリンク

寿命

30年(野生)
30~40年(飼育下)
出典:Sacramento Zoo(pdf)

長寿情報
推定53歳(2014年現在 釧路市動物園)

目 – 科

霊長目 – テナガザル科

学名

Hylobates lar

英語名

White-handed Gibbon
Lar Gibbon

漢字

シロテテナガザル:白手手長猿

体長

45~65センチメートル

希少種(レッドリスト)

絶滅危惧IB類(EN)
(IUCN Red List Ver.2014.1)

ワシントン条約

附属書I

雑学&豆知識

  • シロテテナガザルはタイ、マレーシア半島、スマトラ島北部に生息しています。
  • 手足の先が白いことから、シロテテナガザルの名前がつけられました。
  • 体の色は灰色から暗褐色まで、個体によって差があります。
  • 長い腕を使い、大きく体を振って、木から木へと渡るブラキエーションを行います。
  • 樹上棲のサルで、地上へ降りることはほとんどありません。地上での歩行は苦手で、歩く時は両手を広げてバランスを取りながら歩きます。
  • 環境破壊などにより生息数が減少しています。IUCNのレッドリストでは絶滅のおそれが高い「絶滅危惧IB類(EN)」に指定されています。またワシントン条約では附属書Iにかかげられ、商取引は原則禁止になっています。