ホンドフクロウ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホンドフクロウの寿命と生態

photo by Parksy1964

スポンサーリンク

ホンドフクロウの寿命

約20年
出典:San Diego Zoo’s Animal Bytes

長寿情報
野生で23.8歳
出典:AnAge

目 – 科

フクロウ目 – フクロウ科

学名

Strix uralensis hondoensis

英語名

Hondo Ural Owl

漢字

ホンドフクロウ:本土梟

体長

48~52センチメートル
翼開長:94~110センチメートル

生息地

本州、四国、九州の森林や平地

希少種(レッドリスト)

軽度懸念(LC)
(IUCN Red List Ver.2014.3)

ワシントン条約

附属書II

ホンドフクロウの生態&雑学

ハリーポッターで有名なシロフクロウ、のっぺりとした顔が特徴的なメンフクロウなど、様々な種類がいます。それらをひっくるめてフクロウと呼ぶこともあれば、名称がそのものずばり「フクロウ」という名前のフクロウもいます。

説明ややこしくてごめんなさい。

で、名称「フクロウ(学名:Strix uralensis)」には亜種(別の種類にするほど違いはないけれど、まったく同じとは言えないくらいに違いがある種類)がいて、日本にはエゾフクロウ、ホンドフクロウ、モミヤマフクロウ、キュウシュウフクロウの4亜種が生息しています。

はい、そうですね、ここでやっとホンドフクロウの名前が出て来ました(笑)

ホンドフクロウはそのまま単にフクロウと呼ばれることも多い種類です。

濃い茶色をした羽毛の中に、灰色や白色などの羽毛が混ざり込み、全身がまだら模様になっています。

夜行性で、昼間は木の上などで休んでいますが、夕方になると活動をはじめ、ネズミやモグラ、カエル、昆虫などを捕まえて食べます。