「 オ 」一覧

オオカミ

オオカミ

オオカミの寿命は野生で5~6年、飼育下で15年。オオカミと言う時、たいていの場合は「タイリクオオカミ」のことをさします。日本で古くから「狼」と呼ばれて来た「ニホンオオカミ」はすでに絶滅しています。

オジロジカ

オジロジカ

オジロジカの寿命は飼育下で6~14年。北アメリカに生息するシカの仲間で、夏の間は赤茶色ですが、次第に色あせて、冬になると灰色がかった茶色になります。

オカヤドカリ

オカヤドカリ

オカヤドカリの寿命は飼育下で7~8年、野生で15~30年。日本にはムラサキオカヤドカリ、コムラサキオカヤドカリ、ナキオカヤドカリ、オオナキオカヤドカリ、サキシマオカヤドカリなどが生息しています。

オオメジロザメ

オオメジロザメ

オオメジロザメの寿命は16年(野生)。世界の熱帯域に生息しています。また淡水域にも進入することができ、アマゾン川などの大河をさかのぼることで有名です。

オオタカ

オオタカ

オオタカの寿命は約11年。北アフリカからユーラシア大陸、北アメリカ大陸に生息しています。

オタリア

オタリア

オタリアの寿命は野生で20年、飼育下で30年。ペルーからウルグアイにかけての太平洋、大西洋沿岸に生息しています。成熟したオスのオタリアには、胸と後頭部にたてがみ状の毛が生えています。

オジロヌー

オジロヌー

オジロヌーの寿命は野生で20年。乱獲によって、純粋な野生のオジロヌーは1936年に一度絶滅しています。現在は、農場などに残っていた個体を再び繁殖させ、少しずつ野生へ戻す試みが行われています。

オグロヌー

オグロヌー

オグロヌーの寿命は野生で20年。別名ウシカモシカ。全身は灰色や褐色の毛で覆われていますが、名前の通り、尾の部分の毛は黒くなっています。単に「ヌー」と呼ばれる場合は、オグロヌーのことを指すことがほとんどです。

オカピ

オカピ

オカピの寿命は飼育下で20~30年(飼育下)、野生で20~25年。ジャイアントパンダ、コビトカバとならんで世界三大珍獣のひとつです。20世紀最大の発見とも言われる動物で、当初はその見た目からシマウマの仲間と思われていましたが、のちにキリンの仲間であることがわかりました。

オランウータン

オランウータン

オランウータンの寿命は野生で40年。飼育下で50年。大人のオスとメスでは見た目が大きく異なり、オスは頬部分のひだが発達して、迫力のある独特の顔立ちになります。

1 2 3 4