「 マ 」一覧

マウンテンゴリラ

マウンテンゴリラ

マウンテンゴリラの寿命は野生で35年。中央アフリカのルワンダやコンゴ、ウガンダのみに生息し、その数はわずか650頭ほどと言われています。

マレーヤマアラシ

マレーヤマアラシ

マレーヤマアラシの寿命は12~15年。全身に生えた針は、他の物に刺さると簡単に体から抜け落ちます。抜けた針は、すぐにまた生えてきます。針はとてもかたく、ダンボール程度なら突き通してしまいます。

マガモ

マガモ

マガモの寿命は飼育下で10~20年。野生で5~10年。オスの頭部はきれいな緑色をしています。メスはカルガモと似た茶褐色の地味な色をしています。

マタコミツオビアルマジロ

マタコミツオビアルマジロ

マタコミツオビアルマジロの寿命は飼育下で12~15年です。ボールのように完全に丸くなることができるのはこのマタコミツオビアルマジロとミツオビアルマジロの2種類だけです。アルマジロとはスペイン語で「よろいを着た小さなもの」という意味です。

マンドリル

マンドリル

マンドリルの寿命は野生で20~30年。飼育下で40年。メスはオスの半分程度の大きさで、顔の色も地味です。マンドリルの「マン(man)」は人、「ドリル(drill)」は現地の言葉でヒヒの意味です。

マントヒヒ

マントヒヒ

マントヒヒの寿命は30~40年。オスはメスよりも大きくなり、肩の部分の被毛が長く伸びてマントのようになります。これがマントヒヒの名前の由来です。

マレーバク

マレーバク

マレーバクの寿命は約30年。体色は白と黒の二色にくっきりとわかれていますが、生まれたばかりの子供は黒地に白のしま模様で、イノシシの「ウリ坊」のような姿をしています。

マゼランペンギン

マゼランペンギン

マゼランペンギンの寿命は野生で12~25年。飼育下では最大で30年。マゼランが世界一周の航海時に発見したため、マゼランペンギンと名付けられました。

マレーグマ

マレーグマ

マレーグマの寿命は飼育下で12~24年。クマ科の中で、もっとも小さいクマです。小柄なためDog bear(犬クマ)と呼ばれることがあります。

マダイ

マダイ

マダイの寿命は15~20年。幼魚の時は沿岸の浅いところで生活をしていますが、大きくなるにつれ段々と深いところに移動し、最終的には水深200メートルにまで達します。

1 2