「 メ 」一覧

メダカ

メダカ

メダカの寿命は4~5年(飼育下)、1~2年(野生)。日本に生息する淡水魚のうち、もっとも小さな種類です。

メンフクロウ

メンフクロウ

メンフクロウの寿命は15~20年。お面をつけているような顔立ちをしていることから「メンフクロウ」と名付けられました。顔全体が集音に効果的な構造になっているため、視覚よりも聴覚を串して獲物をつかまえると言われています。

メキシコサラマンダー

メキシコサラマンダー

メキシコサラマンダーの寿命は3~8年(飼育下)10~15年(野生)。別名:ウーパールーパー、アホロートル。首の付け根にあるヒラヒラとした突起は呼吸をするためのエラです。

メガネモチノウオ

メガネモチノウオ

メガネモチノウオ(ナポレオンフィッシュ)の寿命は30年以上。老成魚は額部分がコブのようになって前に突き出します。この時の形がナポレオンの帽子に似ていることから「ナポレオンフィッシュ」の別名があります。

メジロ

メジロ

メジロの寿命は野生で5.4年。目のまわりに白い縁取りがあることから、メジロと名付けられました。一般的にイメージするような綺麗なうぐいす色をしているので、ウグイスと間違われることがよくあります。

メガネカイマン

メガネカイマン

メガネカイマンの寿命は30~40年と推定。気性は荒いですが小型種のため人を襲うことはありません。目と目の間にまるでメガネのような隆起があることから、メガネカイマンの名前がつけられました。