アメリカカブトエビ

tadpole_shrimp

photo by ozoneretired

寿命

1ヶ月
出典:くぼたのたんぼ:株式会社クボタ

目 – 科

背甲目 – カブトエビ科

学名

Triops longicaudatus

英語名

tadpole shrimp

漢字

カブトエビ:兜蝦、兜海老

体長

2~3センチメートル

スポンサーリンク

雑学&豆知識

  • 日本にはアメリカカブトエビ(関東以西)、ヨーロッパカブトエビ(山形県)、アジアカブトエビ(鳥取、関西地方)の3種類のカブトエビが生息しています。
  • カブトエビの卵は乾燥に強く、乾燥した状態で飼育セットとして売られていることがあります。水を入れ、温度を保つとやがて孵化します。
  • 水田の雑草を食べたり、泥をかき回して水を濁らせ雑草の光合成を防ぐなどするため「草取り虫」と呼ばれています。
  • カブトエビは「生きている化石」と言われていて、約2億年前の地層から、現在のカブトエビとほぼ同じ形態の化石が発見されています。

※掲載写真はカブトエビのうちどの種類であるのかは特定できません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

フォローする

スポンサーリンク