「 ほ乳類 」一覧

トド

トド

トドの寿命はオスが18年、メスが30年(ともに野生の場合)。メスの体重は約300kgなのに対して、オスはその3倍以上の約1000kgあり、雌雄で大きさがかなり違います。

ジャイアントパンダ

ジャイアントパンダ

ジャイアントパンダの寿命は飼育下で20~30年、野生で15~20年(野生)。別名シロクログマ、イロワケグマ。現在動物園で見られるパンダはすべて「中国籍」でレンタルです。上野動物園のパンダのレンタル料金はつがい1組(オス・メス1頭ずつ)で年間8000万円と言われています。

カバ

カバ

カバの寿命は野生で約45年、飼育下で約50年。皮膚からピンク色の粘液を分泌し、皮膚の乾燥や細菌の感染を防いでいます。

ヒョウ

ヒョウ

ヒョウの寿命は野生で12~15年、飼育下で20年。ヒョウは木登りがとても得意です。またジャンプ力もすぐれていて、2.5メートル程度の高さを飛び越えることができます。

サーバルキャット

サーバルキャット

サーバルキャットの寿命は10~12年(野生)、13~20年(飼育下)。ジャンプ力に優れており、3メートルほども飛び上がり低空を飛んでいる小鳥を捕らえることができます。

ツシマヤマネコ

ツシマヤマネコ

ツシマヤマネコの寿命は野生で10年、飼育下で10~15年。環境省のレッドリストでは、最も絶滅のおそれの高い「絶滅危惧ⅠA類」に分類されています。

シロサイ

シロサイ

シロサイの寿命は約45~50年。口の幅が広い(wide)が誤って白い(white)になり、日本でもそのままシロサイと呼ばれるようになりました。体の色が白いわけではありません。

チンパンジー

チンパンジー

チンパンジーの寿命は40~50年。チンパンジーは人間にもっとも良く似ている動物で、遺伝子配列の98%以上が同じと言われています。

シマウマ

シマウマ

シマウマの寿命は20~25年。ひとくちにシマウマといっても、厳密にはグレービーシマウマ、サバンナシマウマ、ヤマシマウマの3種類に分かれています。

1 2 3 4 19