魚類一覧

チョウザメ

【チョウザメの寿命と生態】世界各地に28種類のチョウザメが生息しています。種類によって寿命はことなりますが、だいたい50~60歳も生きる長寿の魚で、152歳という記録もあります。チョウザメは、名前にサメとつくものの、実はサメの仲間ではありません。

ジンベエザメ

ジンベエザメの寿命は100年以上と推定(よくわかっていない)。体にある模様が着物の甚平に似ていることから、ジンベエザメと名付けられたと言われています。

トビウオ

【トビウオの寿命と生態】世界に約50種類がいるトビウオのうち、日本近海には約20種類が生息しています。「動物の寿命図鑑」ではその寿命と生態、雑学などをトビウオの写真とともにご紹介しています。

コバンザメ

【コバンザメの寿命と生態】サメの仲間と思われがちなコバンザメですが、実はスズキの仲間です。「動物の寿命図鑑」ではその寿命や生態、雑学などをコバンザメの写真とともに紹介しています。

オオメジロザメ

オオメジロザメの寿命は16年(野生)。世界の熱帯域に生息しています。また淡水域にも進入することができ、アマゾン川などの大河をさかのぼることで有名です。

アカシュモクザメ

アカシュモクザメの寿命は30年以上と推定。T字型の頭部が、仏具の鐘などを鳴らす時に使う撞木(しゅもく)に似ていることから、シュモクザメと呼ばれるようになりました。また「アカ」シュモクザメと呼ばれるのは、肌と肉の色が赤みがかっていることから来ています。

シロシュモクザメ

シロシュモクザメの寿命は20年以上と推定。T字型の頭部が、仏具の鐘などを鳴らす時に使う撞木(しゅもく)に似ていることから、シュモクザメと呼ばれるようになりました。また「シロ」シュモクザメと呼ばれるのは、肌と肉の色が白っぽいことから来ています。

クロマグロ

クロマグロの寿命は太平洋クロマグロで20年以上、大西洋クロマグロで20~30年以上。太平洋に生息するものも、大西洋に生息するものも、かつてはひとまとめにして「クロマグロ」としていましたが、遠洋水産研究所の研究により、両者は別の種類であることがわかりました。

ウバザメ

ウバザメの平均寿命は20~100年と推定されていますが詳しいことはわかっていません。ジンベエザメについで世界で2番目に大きなサメで、魚類全体でも2番目の大きさです。

1 2 3 4 5