「 鳥類 」一覧

スズメ

スズメ

スズメの寿命は野生で1年~数年。飼育下で10年。スズメの数は減少傾向で、50年前の10分の1になっていると推定されています。

モモイロペリカン

モモイロペリカン

モモイロペリカンの寿命は野生で15~25年。飼育下では最大で54年。繁殖期になると体が「モモイロ」になることから、モモイロペリカンの名前がつけられました。しかし、普段は白色に近い色をしていています(風切り羽根のみ黒色)。そのため英語名ではWhite Pelican(白いペリカン)となっています。

ハシビロコウ

ハシビロコウ

【寿命と生態】ハシビロコウの寿命は36年。魚を狙う時は、数時間もの間ほとんど動きません。作り物かと思うほど、微動だにしないその姿が逆に人気を呼んでます。とにかく動かないため、1週間程度なら何も食べずに過ごすことができます。

ツバメ

ツバメ

ツバメの寿命は1年1ヶ月(野生)。1年間の平均死亡率が60~70%もあるので、野生での平均的な寿命はとても短くなっています。

イヌワシ

イヌワシ

イヌワシの寿命は野生で30年。国内では、北海道から九州の山岳地帯に生息しています。しかしながら生息数は約500羽と激減しており危機的状況です。

ウズラ

ウズラ

【寿命と雑学】ウズラの寿命は野生で約10年、飼育下で約7~8年。コロンとした体型なのであまり飛べないように見えますが、野生のウズラは長距離を移動する渡り鳥です。

ホンドフクロウ

ホンドフクロウ

ホンドフクロウの寿命は約20年。ホンドフクロウは単に「フクロウ」とも呼ばれます。ヨーロッパからロシア南部に生息。国内では、北海道、本州、四国、九州など広範囲に生息しています。

アヒル

アヒル

アヒルの寿命は10~20年。今から2000年以上前に、野生のノガモ(マガモ)を家畜にしたのが始まりと言われています。

1 2 3 4 10