鳥類一覧

フンボルトペンギン

フンボルトペンギンの寿命は約25年。暑さに強く、日本の気候でも特別な温度管理を必要としません。そのため、日本の動物園・水族館では最も多く飼育されているペンギンで、その数は約1000羽にもなります。

ベニコンゴウインコ

ベニコンゴウインコの寿命と生態。南アメリカ北部の熱帯雨林に生息し、寿命は40~50年程度。ベニコンゴウインコとアカコンゴウインコの違いと見分け方もご紹介しています。

スズメ

【寿命と生態】スズメの寿命は野生で1年~数年。飼育下で10年。スズメの数は減少傾向で、50年前の10分の1になっていると推定されています。「動物の寿命図鑑」ではスズメの生態と雑学を写真とともに紹介しています。

モモイロペリカン

モモイロペリカンの寿命は野生で15~25年。飼育下では最大で54年。繁殖期になると体が「モモイロ」になることから、モモイロペリカンの名前がつけられました。しかし、普段は白色に近い色をしていています(風切り羽根のみ黒色)。そのため英語名ではWhite Pelican(白いペリカン)となっています。

ハシビロコウ

【寿命と生態】動かないことで有名なハシビロコウはその生息数が5000~8000羽程度と少なく、絶滅危惧種に指定されています。「動物の寿命図鑑」では寿命と生態、雑学などをハシビロコウの写真とともにご紹介しています。

ツバメ

【寿命と生態】ツバメの寿命は1年1ヶ月(野生)。1年間の平均死亡率が60~70%もあるので、野生での平均的な寿命はとても短くなっています。「動物の寿命図鑑」ではツバメの生態と雑学を画像とともに紹介しています。

ダチョウ

【寿命と生態】地球上最大の鳥類ダチョウ。時速70キロで走り、ニワトリの約25倍の大きさの卵を産むパワフルな鳥です。ところが脳みそはとても小さかった?!「動物の寿命図鑑」では寿命と生態、雑学などをダチョウの写真とともにご紹介しています。

イヌワシ

イヌワシの寿命は野生で30年。国内では、北海道から九州の山岳地帯に生息しています。しかしながら生息数は約500羽と激減しており危機的状況です。

ウズラ

【寿命と雑学】ウズラの寿命は野生で約10年、飼育下で約7~8年。コロンとした体型なのであまり飛べないように見えますが、野生のウズラは長距離を移動する渡り鳥です。

ホンドフクロウ

【寿命と生態】ホンドフクロウの寿命は約20年。ただ単に「フクロウ」と呼ばれることもあります。動物の寿命図鑑ではホンドフクロウの生態や習性、分布域や生息環境などについて、ホンドフクロウの写真と一緒に詳しく紹介しています。

1 2 3 4 10