オオハクチョウ

オオハクチョウ

photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

寿命

10~15年(野生)
12~16年(飼育下)
出典:BioKIDS – University of Michigan

目 – 科

カモ目 – カモ科

学名

Cygnus cygnus

英語名

Whooper swan

漢字

オオハクチョウ:大白鳥

全長

140センチメートル
翼を広げると225センチメートル

雑学&豆知識

  • オオハクチョウは冬になるとシベリアから北海道、東北、日本海側の湖沼に越冬しにやって来る代表的な冬鳥です。
  • コハクチョウと良く似ていますが、オオハクチョウのほうがくちばしの黄色い部分が大きくなっています。
  • アンデルセンの童話「みにくいアヒルの子」にもあるように、幼鳥は灰色をしていますが、成長するにつれ白くなります。
  • 「根室市の鳥」に指定されています。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう