クロサイ

クロサイ

寿命

約40年前後(野生)
約45年(飼育下)
出典:愛媛県立とべ動物園
長寿情報
・49歳(米コロンバス動物園)
・推定47歳(安佐動物公園「ハナ」2013年9月現在)
・41歳(天王寺動物園「サッちゃん)」

目 – 科

奇蹄目 – サイ科

学名

Diceros bicornis

英語名

Black rhinoceros

漢字

クロサイ:黒犀

体長

2.9~3.1メートル

希少種(レッドリスト)

絶滅危惧IA類(CR)
(IUCN Red List Ver.2014.1)

ワシントン条約

附属書I

スポンサーリンク

雑学&豆知識

  • クロサイはアフリカの中西部に生息しています。
  • シロサイは横に幅の広い角張った唇をしているのに対し、クロサイは上向きの尖った唇をしています。
  • この口の形の違いはエサの違いによるもので、シロサイは口を地面に這わせるようにして草を食べますが、クロサイは樹木の葉や小枝などを尖った口でつまむようにして食べます。
  • シロサイもクロサイも体の色は灰色です。シロサイと区別する意味で、反対語の黒・・・クロサイと名付けられたと言われています。
  • サイの角は生えかわることなく、毎年8センチメートルずつ伸び、最長で1.5メートルになるとされています。
  • 角目的の密漁で、1995年には2410頭までその数が減少しました。
  • 現在も絶滅が危惧されており、IUCNのレッドリストでは絶滅の恐れがきわめて高い種として絶滅危惧IA類(CR)に指定されています。またワシントン条約では附属書Iにかかげられ、商取引は原則禁止になっています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

フォローする

スポンサーリンク