コバンザメ

コバンザメの寿命

詳しい寿命はわかっていません。

目 – 科

スズキ目 – コバンザメ科

学名

Echeneis naucrates

英語名

Live Sharksucker
Slender sharksucker
Suckerfish
Remora

漢字

コバンザメ:小判鮫

体長

100センチメートル

生息地

全世界の熱帯・亜熱帯(太平洋東部および大西洋北東部を除く)

希少種(レッドリスト)

軽度懸念(LC)
(IUCN Red List Ver.3.1)

スポンサーリンク

コバンザメの生態&雑学

コバンザメはサメではない

スリムな見た目もサメにそっくりならば、名前も「コバンザメ」で、どこからどう見てもサメの仲間なのですが、実はスズキ目に属するスズキの仲間で、サメとは全然関係ありません。

頭の上の小判(吸盤)

頭の上に小判のような吸盤があることからその名がつけられたコバンザメ。

この吸盤を利用してウミガメやサメなどに吸い付きます。エサのおこぼれや排泄物がやって来るのを待っては、それらを食べながら暮らしています。

吸盤の力は強力で、時速100キロで泳ぐカジキマグロにも吸い付いていられるほどと言われています。

時には自力で泳ぐことも

基本的には誰かのおこぼれをいただくスタイルなのですが、時には自分で泳ぎまわり、アジなどを捕食することもあるようです。

大阪市の海遊館では、ジンベイザメに嫌われてしまったコバンザメが別水槽に隔離されたため、誰にもくっつくことなくひとりで水槽を泳いでいると話題になったことがありました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

フォローする

スポンサーリンク