コモドオオトカゲ

寿命

50年前後
出典:札幌市円山動物園

目 – 科

有鱗目 – オオトカゲ科

学名

Varanus komodoensis

英語名

Komodo dragon

体長

2~3メートル
オスのほうが大きい

希少種(レッドリスト)

絶滅危惧II類(VU)
絶滅のおそれがある種
(IUCN Red List Ver.2014.3)

ワシントン条約

附属書I

スポンサーリンク

雑学&豆知識

  • 別名:コモドドラゴン
  • コモドオオトカゲは、インドネシアのギルモンタン島、コモド島、フローレス島南部、リンチャ島に生息しています。
  • 地球上でもっとも重いトカゲです。(体長はハナブトオオトカゲのほうが大きい:4メートル超)
  • 肉食で、主に朝や夕方に活動します。
  • 地上生活のトカゲですが、幼体は捕食される危険などを避けるために木の上で暮らしています。
  • 時速18キロメートルで走ります。
  • 歯の間に複数の毒菅があり、獲物に噛みついて引っ張るような動作を繰り返しながら傷口に毒を流し込みます。
  • 絶滅危惧種に指定されています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

フォローする

スポンサーリンク