シマフクロウ

シマフクロウ

photo by Herman Mays

寿命

30年(飼育下)
出典:環境省自然環境局生物多様性センター

目 – 科

フクロウ目 – フクロウ科

学名

Ketupa blakistoni

英語名

Blakiston’s fish owl

漢字

シマフクロウ:島梟

体長

63~71センチメートル
翼開長:175~190センチメートル

希少種(レッドリスト)

絶滅危惧IB類(EN)
絶滅のおそれが高い種
(IUCN Red List Ver.2014.3)

ワシントン条約

附属書II

スポンサーリンク

雑学&豆知識

  • シマフクロウは、ロシア、中国、朝鮮半島、日本の北海道などに生息しています。
  • 日本に生息するフクロウの中では最大の種類です。
  • ワシミミズクに似ていますが、ワシミミズクの光彩(眼の色)がオレンジ色なのに対して、シマフクロウの光彩は黄色です。
  • 生息数は世界で約1000羽、国内で120羽程度と推定されています。
  • 1971年に国の天然記念物、1993年に国内希少野生動物種に指定されています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

フォローする

スポンサーリンク