スナメリ

スナメリ

photo by きうこ

スナメリの寿命

20~30年
出典:海上保安庁

長寿情報
・推定39歳(宮島水族館「P1」♀)
・推定35歳(鳥羽水族館「No.36」♂)

スポンサーリンク

スナメリの生態&雑学

スナメリの生息地

スナメリはペルシャ湾から日本沿岸にかけて生息する小型のイルカです。

日本では、仙台湾、伊勢湾、瀬戸内地域、大阪湾や関西空港周辺などで生息が確認されています。

スナメリは絶滅危惧種

生息数が十数年にわたって減少し続けています。IUCNのレッドリストでは絶滅の恐れがある種として絶滅危惧II類(VU)に、またワシントン条約では商取引の原則禁止となる附属書Iに掲載されています。

さらに、水産庁のレッドデータブックでは希少種に指定されています。

国の天然記念物

広島県竹原市の阿波島周辺の半径1.5キロほどの海域は昭和5年に「スナメリクジラ廻遊海面」として国の天然記念物に指定されています。

スナメリの基本データ

目 – 科

鯨偶蹄目 – ネズミイルカ科

学名

Neophocaena phocaenoides

英語名

Finless Porpoise

漢字

スナメリ:砂滑

体長

1.6~1.7メートル

希少種(レッドリスト)

絶滅危惧I類(VU)
(IUCN Red List Ver.2014.1)

ワシントン条約

附属書I

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

フォローする

スポンサーリンク