ノコギリクワガタ

ノコギリクワガタ

寿命

2~3ヶ月(成虫が野外で活動を始めてから)
出典:ペットの専門店 コジマ

目 – 科

コウチュウ目 – クワガタムシ科

学名

Prosopocoilus inclinatus

英語名

--

漢字

ノコギリクワガタ:鋸鍬形

体長

25~75ミリメートル
オスのほうが大きい

スポンサーリンク

雑学&豆知識

  • ノコギリクワガタは北海道から九州、離島まで日本国内に広く生息しています。
  • 赤褐色の個体がほとんどですが、まれに黒色の個体もいます。
  • オスは個体の大きさにより大アゴの形が異なります。個体が大きいほど大アゴは牛の角のように湾曲し、個体小さくなるほどその湾曲は少なくなります。
  • 朽ち木の中などに産み付けられた卵は、孵化したその年はそのまま越冬。翌年の夏に蛹から成虫になりますが、更にそこでひと冬を過ごしてから翌年の夏に外へ出てきます。野外へ出てからの寿命は2~3ヶ月です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

フォローする

スポンサーリンク