フンボルトペンギン

フンボルトペンギン

寿命

約25年
出典:旭山動物園
長寿情報
・31年2ヶ月の飼育記録(葛西臨海水族園「リマ」)
・40年の飼育記録(桐生が岡動物園)

目 – 科

ペンギン目 – ペンギン科

学名

Spheniscus humboldti

英語名

Humboldt penguin

体長

65~70センチメートル

希少種(レッドリスト)

絶滅危惧II類(VU)
(IUCN Red List Ver.2014.1)

ワシントン条約

附属書I

雑学&豆知識

  • フンボルトペンギンは、南米チリからペルーにかけての海岸地帯に生息しています。
  • 暑さに強く、日本の気候でも特別な温度管理を必要としません。そのため、日本の動物園・水族館では最も多く飼育されているペンギンで、その数は約1000羽にもなります。
  • 野生では、エサとなる魚の乱獲やエルニーニョ現象などの環境変化によって個体数が激減しています。生息数は約9000羽と言われ、IUCNレッドリストでは絶滅危惧II類に指定されおり、またワシントン条約では附属書Iに掲載されています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう