ベニコンゴウインコ

ベニコンゴウインコの寿命

40~50年

長寿情報
・51歳 (小諸市動物園「ベニ」♂)

スポンサーリンク

ベニコンゴウインコの生態&雑学

食べ物・エサ

ベニコンゴウインコは雑食で、木の実やくだものを中心に、小さな昆虫などを食べます。

おしどりインコ

おしどり夫婦という言葉がありますが、ベニコンゴウインコはまさに「おしどりインコ」。一度ペアになると、片時も離れることなく生涯を同じ相手と過ごします。

ちなみに「おしどり夫婦」の言葉の由来にもなった鳥の「オシドリ」は、毎年相手を変える上に、オスは子育てににも参加しないダメっぷりです(笑)

オシドリの寿命は10~20年。仲の良い夫婦を「おしどり夫婦」などと呼びますが、実際のオシドリはシーズンが終わると別のペアを作る例が多いと言われています。

ベニコンゴウインコとアカコンゴウインコの違い

「ベニコンゴウインコ」と「アカコンゴウインコ」。名前も似ていれば見た目も似ているので同じ種類と勘違いしてしまいがちですが、別の種類です。

羽根の色や顔つきが微妙に違うので以下にまとめておきます。

【顔】

左:ベニコンゴウインコ
右:アカコンゴウインコ

顔の白い部分は、白い羽根が生えているのではなくて、皮膚がそのまま見えています。

ベニコンゴウインコは、ここに点々のような小さな赤い羽根が生えています。アカコンゴウインコは、ほぼ真っ白のままです。

【羽色】

左:ベニコンゴウインコ
右:アカコンゴウインコ

ベニコンゴウインコには帯のような黄色い羽根はありませんが、アカコンゴウインコには鮮やかな黄色の羽根があるのがわかります。

ベニコンゴウインコの基本データ

目 – 科

オウム目 – インコ科

学名

Ara chloropterus

英語名

Green-Winged Macaw

漢字

ベニコンゴウインコ:紅金剛鸚哥

体長

90~95センチメートル
翼開長:125センチメートル

生息地

南アメリカ北部の熱帯雨林

希少種(レッドリスト)

軽度懸念(LC)
(IUCN Red List 2016)

ワシントン条約

附属書II

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

フォローする

スポンサーリンク