メガネモチノウオ

Napoleon Wrasse (or humphead wrasse)

メガネモチノウオ(ナポレオンフィッシュ)の寿命

30年以上
出典:National Aquarium

目 – 科

スズキ目 – ベラ科

学名

Cheilinus undulatus

英語名

Humphead wrasse
Napoleon fish

漢字

メガネモチノウオ:眼鏡持之魚

体長

2メートル

希少種(レッドリスト)

絶滅危惧IB類(EN)
(IUCN Red List Ver.2014.3)

ワシントン条約

附属書II

スポンサーリンク

雑学&豆知識

  • メガネモチノウオは沖縄以南からインド・太平洋の珊瑚礁に生息しています。
  • 世界で一番大きいベラ科の魚です。
  • 目の横に2本の黒い線があり、これがメガネをかけているように見えることから、メガネモチノウオ(眼鏡持之魚)と名付けられました。
  • 老成魚は額部分がコブのようになって前に突き出します。この時の形がナポレオンの帽子に似ていることから「ナポレオンフィッシュ」の別名があります。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

フォローする

スポンサーリンク