一覧

ハシビロコウ

【寿命と生態】動かないことで有名なハシビロコウはその生息数が5000~8000羽程度と少なく、絶滅危惧種に指定されています。「動物の寿命図鑑」では寿命と生態、雑学などをハシビロコウの写真とともにご紹介しています。

ハツカネズミ

ハツカネズミの寿命は1年半~2年。ハツカネズミというと、白い体に赤い目の個体をイメージしがちですが、体色は灰褐色から黒色まであります。

ハシブトガラス

ハシブトガラスの寿命は推定7~8年(野生)。名前のとおりくちばしが太く、また額の部分が盛り上がっているのが特徴です。

ハダカデバネズミ

ハダカデバネズミの寿命は野生で10年、飼育下で23~28年。体毛はほとんどなく、地中で生活するために目もよく見えません。世界でもっとも寿命の長いネズミとされており、普通のネズミより約10倍長生きします。

1 2