ほ乳類一覧

ウッドチャック

ウッドチャックの寿命は飼育下で長くて10年、野生で長くて6年。米国、カナダでは2月2日にウッドチャックを使って春の訪れを予想する行事「グラウンドホッグデー」が開催されます。

シマスカンク

シマスカンクの寿命は飼育下で約10年、野生で約2~4年。肛門線から分泌する油性の液体は強烈な悪臭を発します。この液体を2~7メートルも飛ばすことで、スカンクは敵から身を守ります。

ニホンイタチ

ニホンイタチの寿命は飼育下で1.4年、野生で1.9年。近年生息数が激減しています。競合するチョウセンイタチに生息地を奪われているためとも言われています。

アメリカミンク

アメリカミンクの寿命は3~5年。元々は北アメリカ原産の動物ですが、毛皮目的の養殖のために、日本では1950年代から輸入されるようになりました。

オコジョ

オコジョの寿命は1~2年(野生)。1年に2回毛が生えかわり、夏は背中の部分が茶色に、冬は全身が真っ白になります(尾の先の部分のみ黒色)。

デグー

デグーの寿命は5~8年。アンデス山脈の岩場などに生息しています。ネズミのようにも見えますが、モルモットやチンチラなどのテンジクネズミの仲間で、草食性です。

ヨーロッパバイソン

ヨーロッパバイソンの寿命は約25年。野生の個体は1919年に絶滅しています。現在は動物園で飼育されていたものを野生へ戻す試みが行われています。

アメリカバイソン

アメリカバイソンの寿命は18~22年。19世紀初めには数千万頭いたアメリカバイソンは、毛皮や狩猟目的で激減。19世紀末には数百頭にまで激減しました。その後の保護活動により、現在は個体数が回復し絶滅の危機を脱しました。

1 12 13 14 15 16 17 18 19