ほ乳類一覧

レッサーパンダ

レッサーパンダの寿命は約8~10年(野生)約15年(飼育下)。学名のAilurus fulgens(アイルルス・フルゲンス)は「炎色のネコ」「光るネコ」の意味です。

カピバラ

カピバラの寿命は7~12年。ネズミ目(齧歯目)の中では世界最大の種類です。泳ぎが得意で手足には水かきがついています。

キリン

キリンの寿命は20~27年(飼育下)、10~15年(野生)。地球上でもっとも背の高い動物です。短距離なら時速60キロ、長距離なら時速16キロ程度で走ることができます。

トド

【生態と雑学】トドの寿命はオスが18年、メスが30年(ともに野生の場合)。メスの体重は約300kgなのに対して、オスはその3倍以上の約1000kgあり、雌雄で大きさがかなり違います。

ホッキョクグマ

【生態と雑学】ホッキョクグマの寿命は25~30年(野生)。別名シロクマ。地上で最大の肉食獣で、メスよりもオスのほうが大きくなります。真っ白に思われがちな体の毛は実は透明でストローのように中が空洞になっています。

カバ

【カバの寿命と生態】カバの寿命は野生で約45年、飼育下で約50年。縄張り意識がとても強く、自分の縄張りによそ者が侵入すると、見境なく攻撃をする一面も持っています。「動物の寿命図鑑」では、その寿命と生態、雑学などをカバの写真とともに紹介しています。

ヒョウ

【ヒョウの寿命と生態】ヒョウの寿命は野生で12~15年、飼育下で20年。「動物の寿命図鑑」ではその寿命と生態、雑学などをヒョウの写真とともにご紹介しています。

ツシマヤマネコ

ツシマヤマネコの寿命は野生で10年、飼育下で10~15年。野生での生息数は約100頭で、環境省のレッドリストでは、最も絶滅のおそれの高い「絶滅危惧ⅠA類」に分類されています。

シロサイ

【寿命と生態】シロサイの寿命は約45~50年。口の幅が広い(wide)が誤って白い(white)になり、日本でもそのままシロサイと呼ばれるようになりました。「動物の寿命図鑑」ではその寿命と生態、雑学などをシロサイの写真とともにご紹介しています。

1 2 3 4 5 19