一覧

オウサマペンギン

オウサマペンギンの寿命は約20年。別名:キングペンギン。コウテイペンギンについで、世界で2番目に大きな種類のペンギンです。

オオワシ

オオワシの寿命は詳しくはわかっていません。類似種から推定して野生で20~25年と見られていまず。生息数は約5000羽と推測されていて、絶滅の危機にあります。

オグロワラビー

オグロワラビーの寿命は約15年。カンガルーとワラビーの違いはその大きさと言われており、大きいものをカンガルー、小さいものをワラビー、その中間のものをワラルーと呼んでいます。

オグロプレーリードッグ

オグロプレーリードッグの寿命は1年(野生)、8.5年(飼育下)。野生では若くして死ぬことが多く、メスの54%、オスの47%しか最初の1年を越すことができません。そのため野生での平均寿命も「1年」ととても短いものになっています。

オカメインコ

オカメインコの寿命は18~20年。名前には「インコ」とついていますが、オウムの仲間です。頭に冠羽がついているものは、オウム科に分類されます(諸説あり)。

オオサンショウウオ

オオサンショウウオの寿命は60~70年。オオサンショウウオの寿命についてはよくわかっておらず、推定の域を出ていません。世界最大の両生類で、中には体長1メートルを超えるものもいます。広島市安佐動物公園には全長150.5センチメートルの標本が展示されています。

オウムガイ

オウムガイの寿命は3~4年(飼育下)20年以上(野生)。飼育下では、本来生息する深海よりも低水圧、高水温なため早く成熟してしまい、あまり長生きすることができません。

オコジョ

オコジョの寿命は1~2年(野生)。1年に2回毛が生えかわり、夏は背中の部分が茶色に、冬は全身が真っ白になります(尾の先の部分のみ黒色)。

1 2 3 4