一覧

カイウサギ

カイウサギの寿命は5~10年。別名イエウサギ。アナウサギを家畜化したものと言われています。そのため屋外飼育をすると、地下に巣穴を堀り、そこで出産・育児を行います。

カワラバト

カワラバトの寿命は野生で3~5年、飼育下で15年。別名:ドバト。ハトの夫婦はどちらかが死んだりいなくなったりしない限り、一生を連れ添います。一回の出産で2つの卵を生みます。例外もありますが、ほとんどの場合この2つの卵からはオスとメスの1羽ずつのヒナが孵化します。

カッショクペリカン

カッショクペリカンの寿命は10~25年以上(野生)。ペリカンの中で最も小さい種類です。名前の通り全身が褐色で、顔の部分だけが白くなっています。

カンムリヅル

カンムリヅルの寿命は約50~60年。ホオジロカンムリヅルに良く似ていますが、カンムリヅルは体全体が黒っぽく、頬の下半分が赤くなっています。

カワウ

カワウの寿命は10~15年。ウミウによく似ていますが、カワウのほうがひとまわり小さく、頬の白い部分も丸みを帯びています。

カモノハシ

カモノハシの寿命は20年前後。カモのような幅広のくちばしと、ビーバーのような尻尾、カワウソのような密集した毛皮を持ち、ほ乳類であるにもかかわらず、卵を産みます。

ガザミ

ガザミの寿命は約2~3年。別名:ワタリガニ。生存可能な水温は7~35℃で、10℃以下になると砂中に潜って冬眠をします。

ガチョウ

ガチョウの寿命は25年。雁(ガン)を元にして作り出された家禽(家畜として飼われている鳥)です。ハイイロガンを原種とするヨーロッパ系のガチョウと、サカツラガンを原種とする中国系のガチョウがいます。

カワセミ

カワセミの寿命は野生で7年。2年という記述も多くみかけます。最初の数ヶ月で約半分が命を落としてしまうため、それらを考慮にいれると2年程度になるということだと思われます。

カッコウ

カッコウの寿命は野生で約6年。ユーラシア大陸とアフリカに生息し、日本には夏になるとやって来る渡り鳥(夏鳥)です。

1 2 3