一覧

カタクチイワシ

カタクチイワシの寿命は2~3年。下あごが上あごよりも短く、上あごごしかないように見えたため片方の口の意味からカタクチイワシの名前がつけられました。

カクレクマノミ

カクレクマノミの寿命は野生で6~10年と推定。飼育下で20年。生まれた時はすべてオスで、その後数匹のグループ内で一番大きな個体がメスへと性転換します(雄性先熟)。このメスが死んでしまった場合は、次に体の大きなオスがメスへと性転換をします。グループ内で繁殖するのは1ペアだけで、その他の個体は繁殖行動をとらない未成熟個体のままです。

カルガモ

カルガモの寿命は野生で5~10年と推定。黒いくちばしの先端が黄色いのはカルガモだけの特徴なので、くちばしを見れば他のカモの仲間たちと区別することができます。

ガビアル

ガビアルの寿命は40~60年(野生)。別名:インドガビアル。野生での生息数は2000頭以下で、絶滅危惧種(絶滅危惧IA類(CR))に指定されています。

カラカル

カラカルの寿命は野生で12年、飼育下で17年。狩りの能力に優れていて、飛び立つ鳥を捕らえる時には3メートルものジャンプをすることができます。

1 2 3