一覧

マダコ

マダコの寿命は1~2年(野生)。もっとも一般的なタコで、普通にタコと言った場合には、マダコを示す場合がほとんどです。

マナヅル

マナヅルの寿命は45年(飼育下)。日本には越冬のために冬になるとやって来ます。その多くは、鹿児島県出水平野に飛来します。

マイルカ

マイルカの寿命は20~30年。マイルカ……「真のイルカ」ということでイルカを代表する種ですが、イルカときいてイメージするのはバンドウイルカであることが多いようです。

マンボウ

マンボウの寿命は飼育下で最大10年。野生での寿命はわかっていませんが、近縁種のヤリマンボウが82~105年の寿命を持つことから、マンボウもかなりの長生きであろうと推測されています。

マイワシ

マイワシの寿命は5~6年。マイワシは樺太から南シナ海にかけての東アジア沿岸に生息しています。

マヌルネコ

マヌルネコの寿命は11~12年。別名:モウコヤマネコ。マルヌとはモンゴル語で「小さいヤマネコ」の意味です。生態などよくわかっていない点が多いため「神秘なネコ」と呼ばれることもあります。

マレーガビアル

マレーガビアルの寿命は60~80年(野生)。ガビアルモドキ。口吻が細長く、クロコダイル科のワニにもかかわらずガビアルの仲間に似ているため「マレーガビアル」「ガビアルモドキ」の名前がつきました。

1 2