一覧

アカハライモリ

アカハライモリの寿命は約30年。別名:ニホンイモリ。アカハライモリの名前の由来ともなった腹部の赤い模様は、毒をもっていることを示す警告色とも言われています。

アミメニシキヘビ

アミメニシキヘビの寿命は野生で約23年、飼育下で25~29年。最大約10メートルにもなる世界最長のヘビで、東南アジアの水辺の多い森林地帯に生息しています。

アネハヅル

アネハヅルの寿命は20~25年。高度5000~8000メートルの高さを飛ぶことができます。V字編隊を組んで飛ぶアネハヅルのヒマラヤ山脈越えは有名です。

アオサギ

アオサギの寿命は野生で5年。また長寿記録としては野生で37年6ヶ月というものがあります。背中の部分が青味のある灰色をした日本で一番大きなサギです。この体色が由来となってアオサギの名前がつけられました。

アメリカアリゲーター

アメリカアリゲーターの寿命は35~50年(野生)。別名:ミシシッピワニ。かつては絶滅が危惧されていましたが、保護活動によって個体数が増加しました。現在では野生で100万匹以上のアメリカアリゲーターが生息しています。

アクシスジカ

アクシスジカの寿命は野生で9~13年。体表の白い斑点がきれいなことで有名なシカで、世界一美しいシカとも呼ばれています。

1 2 3 4 5