一覧

アカクビワラビー

アカクビワラビーの寿命は15年。アカクビワラビーには、オーストラリア本土に生息するオーストラリアアカクビワラビーと、タスマニア島などに生息するベネットアカクビワラビーの2種類がいます。

アルパカ

アルパカの寿命は15年~20年。アルパカの毛は保温性に優れていて、ウールやカシミヤよりも暖かいと言われています。

アンデスコンドル

アンデスコンドルの寿命は野生で50~60年、飼育下で70年。鳥類の中では、もっとも寿命の長い鳥の一種と言われています。繁殖がとても遅く、1組のつがいから、1年おきに、1羽のヒナしか生まれません。

アカエイ

アカエイの寿命は野生で15~25年。日本沿岸で見られる最も普通のエイです。尾についているトゲには毒があり、刺されると激痛に襲われ、死にいたることもあります。

アメリカミンク

アメリカミンクの寿命は3~5年。元々は北アメリカ原産の動物ですが、毛皮目的の養殖のために、日本では1950年代から輸入されるようになりました。

アメリカワシミミズク

アメリカワシミミズクの寿命は野生で5~15年。自分よりも数倍重い動物も獲物として捕らえます。スカンクも補食対象としていますが、スカンクをエサとする生き物は、アメリカワシミミズクだけだと言われているそうです。

1 2 3 4 5