一覧

アメリカバイソン

アメリカバイソンの寿命は18~22年。19世紀初めには数千万頭いたアメリカバイソンは、毛皮や狩猟目的で激減。19世紀末には数百頭にまで激減しました。その後の保護活動により、現在は個体数が回復し絶滅の危機を脱しました。

アブラゼミ

アブラゼミの寿命は幼虫:6~7年、成虫:2~3週間。アブラゼミの羽根は茶褐色で不透明です。ほとんどのセミは透明な羽根を持っており、不透明であるのは世界的に見ても珍しいことです。

アホウドリ

アホウドリの寿命は21.7年。助走なしには飛び立つことができず、また人間に対する警戒心が薄いため「阿呆な鳥」からアホウドリと呼ばれるようになりました。

アトラスオオカブト

アトラスオオカブトの寿命は約3~6ヶ月(成虫)。コーカサスオオカブトに似ていますが、アトラスオオカブトのほうが一回り小さいサイズです。

アメリカザリガニ

アメリカザリガニの寿命は約3~5年。元々はアメリカ南部、ミシシッピ川河口周辺にに生息していましたが、1920~30年頃にウシガエルのエサ用として日本国内に持ち込まれました。

アラビアオリックス

アラビアオリックスの寿命は飼育下で15~20年。元々はアラビア半島、シナイ半島、イラク、シリアの乾燥地帯に生息していましたが1972年に絶滅しました。現在は、動物園で繁殖していた個体をオマーンやサウジアラビアなどに野生復帰させ、個体数の回復につとめています。

アマゾンカワイルカ

アマゾンカワイルカの寿命はよくわかっていませんが、飼育下で10~26年と推定されています。ピンクイルカの別名もあり、淡いピンク色をしたものが中心ですが、その他にも位茶色、クリーム色など体色はいろいろあります。

アカハナグマ

アカハナグマの寿命は野生で7~8年、飼育下で14~15年。しま模様の長いシッポと自由に動く長い鼻が特徴です。前足の爪はするどく尖っていて、その爪をつかって土を掘ってエサとなる昆虫をさがしたりします。

アメリカワニ

アメリカワニの寿命は60~70年(野生)、45年(飼育下)。ワニの仲間の中では比較的おとなしく、アリゲーターよりも攻撃的でないとされています。

アフリカクチナガワニ

アフリカクチナガワニの寿命は50年以上。別名:ハナナガワニ。その名のとおり口(吻)が長いのが特徴です。基本的には川で生活をしますが、湖や海岸の近くの汽水域での生息も確認されています。

1 2 3 4 5