一覧

カピバラ

カピバラの寿命は7~12年。ネズミ目(齧歯目)の中では世界最大の種類です。泳ぎが得意で手足には水かきがついています。

カバ

【カバの寿命と生態】カバの寿命は野生で約45年、飼育下で約50年。縄張り意識がとても強く、自分の縄張りによそ者が侵入すると、見境なく攻撃をする一面も持っています。「動物の寿命図鑑」では、その寿命と生態、雑学などをカバの写真とともに紹介しています。

カブトムシ

カブトムシの寿命は成虫:オス50日、メス80日。野生では約1ヶ月。飼育下では、冬まで生きることもあるようです。

カブトガニ

カブトガニの寿命は推定25年。名前にカニとつきますが、実はカニの仲間ではなく節足動物に分類されています。

カナリア

カナリアの寿命は飼育下で10年。野生種を原種として、品種改良したものが、ペットショップなどで販売されているカナリアです。代表的な品種としてレモンカナリア、赤カナリアなどがいます。

カミツキガメ

カミツキガメの寿命は30~40年。特定外来生物法により「特定外来生物」に指定されています。新たな飼育や輸入などは原則禁止されています。

ガラパゴスゾウガメ

ガラパゴスゾウガメの寿命は100歳以上(野生)。ガラパゴスゾウガメはリクガメ科の中で最大の種類です。また脊椎動物の中で最も寿命が長く、平均寿命は100歳を超えます。

コビトカバ

コビトカバの寿命は35年。コビトカバの体重は180~75キロです。これは普通のカバの体重のおよそ1/10、カバの子どもくらいの大きさしかありません。

1 2 3