セイウチ

セイウチの寿命は野生で30~40年。上あごの犬歯が発達した大きくて長いキバが特徴です。根の部分も含めるとオスでは1メートル、メスでは80センチメートルもの長さになります。

オオタカ

オオタカの寿命は約11年。北アフリカからユーラシア大陸、北アメリカ大陸に生息しています。

クマタカ

クマタカの寿命は30~40年。日本国内では北海道から九州にかけて広く生息しています。国内での生息数は約1800羽程度と推定されています。

ウバザメ

ウバザメの平均寿命は20~100年と推定されていますが詳しいことはわかっていません。ジンベエザメについで世界で2番目に大きなサメで、魚類全体でも2番目の大きさです。

ピラルクー

ピラルクーの寿命は飼育下で15~20年。アマゾン川に生息する淡水魚で、その大きさは世界最大級です。

アジアアロワナ

アジアアロワナの寿命は飼育下で10~20年。自然界でのアジアアロワナは生息数が減少しており、IUCNのレッドリストでは絶滅危惧IB類(絶滅のおそれが高い種)に指定されています。

シルバーアロワナ

シルバーアロワナの寿命は飼育下で10~20年。アロワナの仲間のなかでは安価で取引されている種類で、丈夫で飼いやすいと言われています。

ニホンザル

ニホンザルの寿命は約25~30年。ニホンザルは、ヒトをのぞくと日本に生息する唯一の霊長類で、日本以外には生息していません。また日本国内でも、北海道と沖縄には生息していません。

キンギョ

キンギョの寿命は10年(水槽飼育)25年(池飼育)。金魚はフナの突然変異であるヒブナを観賞用に改良したものです。日本では室町時代に中国から伝わりました。

1 7 8 9 10 11 12 13 40