マウンテンゴリラ

マウンテンゴリラ

マウンテンゴリラの寿命は野生で35年。中央アフリカのルワンダやコンゴ、ウガンダのみに生息し、その数はわずか650頭ほどと言われています。

スズメ

スズメ

スズメの寿命は野生で1年~数年。飼育下で10年。スズメの数は減少傾向で、50年前の10分の1になっていると推定されています。

ウンピョウ

ウンピョウ

ウンピョウの寿命は野生で11年、飼育下で14年。雲のような毛の模様から「雲豹(ウンピョウ)」の名前がつけられました。ネコ科の動物の中でも特に木登りが得意で、リスのように枝に逆さまにぶら下がることもできます。

オオカミ

オオカミ

オオカミの寿命は野生で5~6年、飼育下で15年。オオカミと言う時、たいていの場合は「タイリクオオカミ」のことをさします。日本で古くから「狼」と呼ばれて来た「ニホンオオカミ」はすでに絶滅しています。

ボブキャット

ボブキャット

ボブキャットの寿命は野生で10~12年。別名:ワイルドキャット。アメリカに生息する野生のネコの中でもっとも個体数が多く、アメリカだけでもおよそ100万頭が生息していると推定されています。

オジロジカ

オジロジカ

オジロジカの寿命は飼育下で6~14年。北アメリカに生息するシカの仲間で、夏の間は赤茶色ですが、次第に色あせて、冬になると灰色がかった茶色になります。

コビトマングース

コビトマングース

コビトマングースの寿命は8年。マングースの仲間の中ではもっとも小さい種類です。マングースと言うとヘビを食べるイメージが強いのですが、コビトマングースは昆虫や小鳥の卵などを主に食べています。

ジャワマングース

ジャワマングース

ジャワマングースの寿命は野生で1年前後。国立環境研究所によると、日本国内でのジャワマングースの野生個体の寿命は約1年と短くなっています。海外の動物園では16.6歳まで生存した記録があります。

ミナミアフリカオットセイ

ミナミアフリカオットセイ

ミナミアフリカオットセイの寿命は20年。ミナミアフリカオットセイには2亜種が存在し、アフリカ産のものはミナミアフリカオットセイ、オーストラリア産のものはオーストラリアオットセイと呼ばれています。

1 2 3 4 5 6 7 40