ヒョウ

【ヒョウの寿命と生態】ヒョウの寿命は野生で12~15年、飼育下で20年。「動物の寿命図鑑」ではその寿命と生態、雑学などをヒョウの写真とともにご紹介しています。

ダチョウ

【寿命と生態】地球上最大の鳥類ダチョウ。時速70キロで走り、ニワトリの約25倍の大きさの卵を産むパワフルな鳥です。ところが脳みそはとても小さかった?!「動物の寿命図鑑」では寿命と生態、雑学などをダチョウの写真とともにご紹介しています。

イヌワシ

イヌワシの寿命は野生で30年。国内では、北海道から九州の山岳地帯に生息しています。しかしながら生息数は約500羽と激減しており危機的状況です。

サーバルキャット

【寿命と生態】サーバルキャットの寿命は野生で10~12年、飼育下で13~20年。ジャンプ力に優れており、3メートルほども飛び上がり低空を飛んでいる小鳥を捕らえることができます。最近ではアニメ「けものフレンズ」の影響で注目度が高まっています。

ミシシッピアカミミガメ

ミシシッピアカミミガメの寿命は25~40年。別名:ミドリガメ。ペットショップやホームセンターなどでよく売られているミドリガメは、このミシシッピアカミミガメの子どもであることがほとんどです。

チョウザメ

【チョウザメの寿命と生態】世界各地に28種類のチョウザメが生息しています。種類によって寿命はことなりますが、だいたい50~60歳も生きる長寿の魚で、152歳という記録もあります。チョウザメは、名前にサメとつくものの、実はサメの仲間ではありません。

ツシマヤマネコ

ツシマヤマネコの寿命は野生で10年、飼育下で10~15年。野生での生息数は約100頭で、環境省のレッドリストでは、最も絶滅のおそれの高い「絶滅危惧ⅠA類」に分類されています。

シロサイ

【寿命と生態】シロサイの寿命は約45~50年。口の幅が広い(wide)が誤って白い(white)になり、日本でもそのままシロサイと呼ばれるようになりました。「動物の寿命図鑑」ではその寿命と生態、雑学などをシロサイの写真とともにご紹介しています。

チンパンジー

【寿命と生態】チンパンジーの寿命は40~50年。チンパンジーは人間にもっとも良く似ている動物で、遺伝子配列の98%以上が同じと言われています。

シマウマ

【寿命と生態】シマウマの寿命は20~25年。ひとくちにシマウマと言っても厳密には、グレービーシマウマ、サバンナシマウマ、ヤマシマウマの3種類に分かれています。サバンナシマウマ、ヤマシマウマには更に亜種が存在します。

1 2 3 4 5 6 40