キリン

キリンの寿命は20~27年(飼育下)、10~15年(野生)。地球上でもっとも背の高い動物です。短距離なら時速60キロ、長距離なら時速16キロ程度で走ることができます。

スズメ

【寿命と生態】スズメの寿命は野生で1年~数年。飼育下で10年。スズメの数は減少傾向で、50年前の10分の1になっていると推定されています。「動物の寿命図鑑」ではスズメの生態と雑学を写真とともに紹介しています。

ラッコ

【寿命と生態】ラッコの寿命は10~15年(オス)、15~20年(メス)。陸に上がることはめったになく、ほとんどが海上での生活です。ただし生息地によっては、陸上で睡眠や休憩をとるものもいます。

モモイロペリカン

モモイロペリカンの寿命は野生で15~25年。飼育下では最大で54年。繁殖期になると体が「モモイロ」になることから、モモイロペリカンの名前がつけられました。しかし、普段は白色に近い色をしていています(風切り羽根のみ黒色)。そのため英語名ではWhite Pelican(白いペリカン)となっています。

トド

【生態と雑学】トドの寿命はオスが18年、メスが30年(ともに野生の場合)。メスの体重は約300kgなのに対して、オスはその3倍以上の約1000kgあり、雌雄で大きさがかなり違います。

ホッキョクグマ

【生態と雑学】ホッキョクグマの寿命は25~30年(野生)。別名シロクマ。地上で最大の肉食獣で、メスよりもオスのほうが大きくなります。真っ白に思われがちな体の毛は実は透明でストローのように中が空洞になっています。

ハシビロコウ

【寿命と生態】動かないことで有名なハシビロコウはその生息数が5000~8000羽程度と少なく、絶滅危惧種に指定されています。「動物の寿命図鑑」では寿命と生態、雑学などをハシビロコウの写真とともにご紹介しています。

ニホンアマガエル

【寿命と生態】ニホンアマガエルの寿命は、飼育下で5年、野生で数年程度。平地から低い山などの草木の上に生息しているカエルです。繁殖期以外は水辺を必要としません。「動物の寿命図鑑」ではニホンアマガエルの寿命と生態、雑学などを写真とともに紹介しています。

ツバメ

【寿命と生態】ツバメの寿命は1年1ヶ月(野生)。1年間の平均死亡率が60~70%もあるので、野生での平均的な寿命はとても短くなっています。「動物の寿命図鑑」ではツバメの生態と雑学を画像とともに紹介しています。

カバ

【カバの寿命と生態】カバの寿命は野生で約45年、飼育下で約50年。縄張り意識がとても強く、自分の縄張りによそ者が侵入すると、見境なく攻撃をする一面も持っています。「動物の寿命図鑑」では、その寿命と生態、雑学などをカバの写真とともに紹介しています。

1 2 3 4 5 40