ほ乳類一覧

ジャワマングース

ジャワマングースの寿命は野生で1年前後。国立環境研究所によると、日本国内でのジャワマングースの野生個体の寿命は約1年と短くなっています。海外の動物園では16.6歳まで生存した記録があります。

ミナミアフリカオットセイ

ミナミアフリカオットセイの寿命は20年。ミナミアフリカオットセイには2亜種が存在し、アフリカ産のものはミナミアフリカオットセイ、オーストラリア産のものはオーストラリアオットセイと呼ばれています。

ゴマフアザラシ

ゴマフアザラシの寿命は30年前後。日本の水族館や動物園でもっとも多く飼育されているアザラシです。体の表面に黒い点がゴマのように並んでいることから、ゴマフアザラシと名付けられました。

ゼニガタアザラシ

ゼニガタアザラシの寿命は約30年。アザラシの赤ちゃんというと真っ白なイメージがありますが、ゼニガタアザラシの赤ちゃんは親と同じ黒っぽい色をしています。

マレーヤマアラシ

マレーヤマアラシの寿命は12~15年。全身に生えた針は、他の物に刺さると簡単に体から抜け落ちます。抜けた針は、すぐにまた生えてきます。針はとてもかたく、ダンボール程度なら突き通してしまいます。

アフリカタテガミヤマアラシ

アフリカタテガミヤマアラシの寿命は野生で12~15年、飼育下で20年。威嚇する時や、驚いた時などに体の毛を逆立てます。特に尻尾の毛は中が空洞になっていて、振ると「ガラガラ」と音がします。この時の音が、吹き荒れる嵐のように聞こえたのでヤマアラシと名付けられたと言われています。

ホンドテン

テンの寿命は10年。テンにはホンドテンとツシマテンの2亜種がいます。日本で「テン」と呼ばれているのは、主に「ホンドテン」のことです。

サイガ

サイガの寿命は5~12年。別名:オオハナレイヨウ。バクのような大きな鼻は、冬には冷たく乾燥した空気温めるとともに湿気をあたえ、夏には砂ぼこりを取り除く役割をはたします。

ホッキョククジラ

ホッキョククジラの寿命は100年以上、最大で200年。水面から顔をだして呼吸をするために、頭を使って厚さ50センチ近くの氷をたたき割ります。歯はなく、オキアミやプランクトンを濾しとって食べています。

1 2 3 4 5 6 7 8 19