モモイロインコ

モモイロインコの寿命は飼育下で40年。名前はモモイロ<インコ>ですが、頭に冠羽があるので、分類上はオウムになります。

オオフラミンゴ

フラミンゴの寿命は野生で25年。エサとなる藻やプランクトンには、カロチン系の色素が含まれていて、これによってフラミンゴの羽根の色は赤くなっています。

ハヤブサ

ハヤブサの寿命は野生で13年。生まれて最初の1年目を生き残る確率は推定40パーセント、成長になってからの生存率は推定70パーセントです。

アオサギ

アオサギの寿命は野生で5年。また長寿記録としては野生で37年6ヶ月というものがあります。背中の部分が青味のある灰色をした日本で一番大きなサギです。この体色が由来となってアオサギの名前がつけられました。

メジロ

メジロの寿命は野生で5.4年。目のまわりに白い縁取りがあることから、メジロと名付けられました。一般的にイメージするような綺麗なうぐいす色をしているので、ウグイスと間違われることがよくあります。

ウグイス

ウグイスの寿命は野生で2~5年。別名:春告鳥(ハルツゲドリ)。春になると「ホーホケキョ」の鳴き声を耳にしますが、この鳴き方は繁殖期のオス特有のもので、縄張りの主張や求愛を意味しています。

カルガモ

カルガモの寿命は野生で5~10年と推定。黒いくちばしの先端が黄色いのはカルガモだけの特徴なので、くちばしを見れば他のカモの仲間たちと区別することができます。

ヒョウモントカゲモドキ

ヒョウモントカゲモドキの寿命は約10年。別名:レオパードゲッコウ。丈夫で飼育が比較的簡単なため、は虫類の入門種として人気があります。また、ペットに最も適したは虫類とも言われています。

ナンヨウマンタ

ナンヨウマンタの寿命は野生で40年と推定されています。2009年の論文でマンタには2種があることが発表され、ナンヨウマンタが追加されました。

1 34 35 36 37 38 39 40